【メンバーカラー赤色】ジャニーズWEST紹介してもええじゃないか〜♪-重岡大毅編-【兵庫の”庫”】

ジャニーズWESTセンター、メンバーカラー赤色の重岡大毅さんについて紹介していきたいと思います。

重岡大毅さん
まずはまずは基本情報として、生年月日、血液型、出身地、身長(大体)を紹介します。
重岡大毅
生年月日【1992年8月26日生まれ】
血液型【A型】
出身地【兵庫県】
※出身地は当初大阪であったが、プロフィール登録の際に兵庫の”庫”が書けなかったことから大阪と記入したことをTOKIOカケルで発表。
身長【175cm】

ジャニーズWESTというグループでセンターを務めています。
最近は俳優(役者)として、『ストロベリーナイト・サーガ』大塚真二役をはじめ、NETFLIX『宇宙を駆けるよだか』火賀俊平役などといった主要なキャラクターを演じています。
他にも関西ジャニーズJr.時代からたくさんの作品に出演しています。標準語の役柄を演じることが多いのですが、当の本人は関西弁がなかなか抜けなかったというエピソードがあります。

彼の魅力は演技だけでなく、ジャニーズWESTの中ではハイトーンボイスであり、歌声がキャラメルボイスと評されるほど甘い点でもあります。
本人は歌が好きらしく(メンバー数名証言)、CDの音源はもちろん、ライブの時でもいつでも全力で歌っているのが印象に残っています。そんな彼も関西ジャニーズJr.時代、初めてレコーディングをしたとき、「自分の思っているように歌えない」と泣き出してしまったこともあるそうです。いまではきっとそんなこともなく歌えるのでしょうか。
また、彼はアルバムに収録されるユニット曲も自分で作詞したりしています。そのうちの1曲『乗り越しラブストーリー』では、自分を電車の切符に例えて、淡い恋愛のストーリーを追っていけるような内容になっています(あくまで筆者の見解)。

また、彼のファンは彼のダル絡みと呼ばれる部分も好きで、特にメンバーの中間に対するいたずら(絡み)が大好きだという人が多い。もちろん、悪ふざけの一環であると思うし、お互いに嫌いと言っているが、お互いがお互いを好きであるのは端から見ているファンはわかるほど、愛のある?いたずらです。
例:ゴキブリのおもちゃをしかける、など

まるで5歳児といえるような彼だが、ひとたび演技をさせれば、ギャップが生まれ、歌わせてもそんな歌えるのか、となるほどのギャップを持ち合わせている。
彼が今まで演じてきた役の中でこの役が好きでファンになったという人も少なからずいるだろう。

結果、何が言いたいかというと、重岡大毅はジャニーズWESTのセンターであり、その位置はそう簡単に揺らぐものではない。
メンバー全員がいたずらに不満を持ちつつ、これがジャニーズ事務所のアイドルであるジャニーズWESTというグループの唯一無二のセンターであることはメンバー全員が認めていることだと言えると思います。

重岡大毅さんのことが気になる方はぜひ検索してください。

次回はオレンジ担当、桐山照史さんについて紹介したいと思います。

20代女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です